ツバメガス株式会社
トップページオススメ商品NEWS安心・安全への取組ガス料金のご案内ご利用ガイド会社概要お問い合せ
安心・安全への取組

ガスの知識
地球に優しいLPガスについてのご紹介

LPガスはクリーンエネルギー
CO2の排出量が少ないLPガスは、現在私たちの地球が直面している温暖化などの環境問題に対応して、一般家庭や産業用、自動車燃料といった我々の暮らしを支えるクリーンなエネルギーとして期待されています。

LPガスは災害に強い分散型エネルギー
LPガスは個別供給が中心的な形態。この供給方式をとっているからこそ災害時の被害を一戸単位に抑えることができるのです。また点検作業を順次進めることができるので、素早い復旧が可能です。


LPガスってなあに?
LPガスとは、「Liquefied Petroleum Gas」つまり液化石油ガスの略称で、一般的に頭文字をとってLPガスと呼ばれています。LPガスは、炭素と水素の化合物で、炭素数3のプロパン(C3H8)と炭素数4のブタン(C4H10)と2種類ありますが、一般家庭用で使われているのはプロパンでプロパンガスとも呼ばれています。

また、LPガスは、容積が小さい液体の状態で貯蔵・配送され、使用時には気体で消費されます。たとえばプロパン10kgが気化すると約4.82m3となります(数値は地域・気温により若干異なります)。 なお、気体のLPガスを液化するには、プロパンの場合常圧で-42℃(ブタンの場合-2℃)に冷やすか常温で0.8〜0.9MPa(8〜9kg/cm2)、ブタンの場合0.2〜0.3MPa(2〜3kg/cm3)の圧力を加えます。

(財団法人エルピーガス振興センター「LPガスガイド2007」より転載)


LPガスの臭い
LPガスはもともと無臭

「LPガスは、臭いので困る」と考える人もいます。LPガスは、本来無臭なものですが、強制的に臭いを付けています。この臭い付けのことを「着臭」といいます。 着臭の目的は、万一、LPガスが大気中に漏れた場合、その濃度が1,000分の1という微量なものでも、くさい臭いとして人が感知できるようにした物です。

臭いが香水のように心地よいものだと人は危険と感じにくいので、わざとこのような不快な臭いにしているのです。この臭いの成分は燃えると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限り臭うことはありません。


安心を支える安全機器
地震・ガス漏れなどについての対策

家庭用安全機器

マイコンメーター
本来の機能はLPガスの使用量を表示するものですが、そのガスメータの動きを内蔵のコンピュータで管理することにより、常にLPガスの使用状態を監視する機能があります。その監視により、過大流量、異常長時間使用等、使用状態が異常と判断される場合やガス使用時に地震が発生した場合に、自動的にガスを遮断してその旨を表示します。 そのほかに、ガス漏れ警報器や不完全燃焼警報器などの外部機器と連動できるほか、微少漏洩等の設備面の異常を感知し、警報する安全機能もあります。さらに、通信機能を付加すると、電話回線を通じて、遮断情報、容器の残量管理情報等が常時確認することができます。

異常の内容はメーターに記号で表示されます。



(財団法人エルピーガス振興センター「LPガスガイド2007」より転載)

ガス漏れ警報器
空気より重いLPガスの性質を利用し、LPガスを使用する機器付近の床面に近い場所に設置することで、ガス漏れを検知しブザーや音声で異常を知らせます。
住宅用火災複合型警報器
消防法改正による一般住宅への火災警報器設置義務付けに併せ、火災警報器、ガス漏れ警報器、不完全燃焼警報器を組み合わせた警報器です。

安全装置付ガス機器

立ち消え安全装置付コンロ
風や煮こぼれなどで火が消えると、安全装置が働いて、自動的にLPガスを止めます。
加熱防止装置付コンロ
天ぷら鍋などが熱くなりすぎると自動的にLPガスを止め、過熱による火災を未然に防ぎます。
不完全燃焼防止付小型給湯器
換気不足や器具の目づまりなどで、不完全燃焼をはじめると自動的にLPガスを止めます。

※その他、空だき防止装置、転倒時安全装置、てんぷら油過熱防止装置、消し忘れ防止装置などがあります。


ガス漏れ警報器の設置場所
お宅のガス漏れ警報器の取付け場所は部屋の下?上?

警報機の設置場所LPガスは、空気より重い(空気の1.5〜2倍)ので万一漏洩した場合、床面の低い場所にたまる性質があります。このことから、ガスモレ警報器を、床面から30cm以内の高さの所に取り付けておくと、爆発下限界濃度(2.1%)の約4分の1の0.5%で検知して警報を発します。更に、連動式の場合には、同時にマイコンメーターでガスを遮断します。

また、一酸化炭素を検知する不完全燃焼警報器を天井付近に取り付けておくと、万一不完全燃焼を起した時に、マイコンメーターに信号を送ってガスを遮断してくれるので安心です。

ガスでお困りの時は「ガスご利用ガイド」をご覧ください


24時間安全を見守る集中監視システム
マイコンメータSと集中監視センターの自動通報装置とを電話回線で結び、マイコンメータSから送られてくる情報を24時間見守り続けるのが、集中監視システムです。 このシステムは、消費者が万が一誤ったガスの使い方をしたり、ガス漏れなどの異常が発生すると、マイコンメータSがこれを検知し、電話回線を利用してその 異常情報を集中監視センターへ自動的に通報します。通報を受けた集中監視センターでは、その異常情報に応じて、消費者に対して電話による問い合わせを行ったり、あるいは、直ちに専門的な対応が必要な場合な時は保安要員を緊急出動させ、LPガス事故を未然に防ぎます。

このように、集中監視システムは、LPガスによる安心・安全・快適な暮らしの実現に大きな役割を果たしています。

(日本LPガス団体協議会「LPガス読本」より転載)

ツバメガスでは現在、一戸建ての住宅のお客様を中心に、一月当たり150円のレンタル料でマイコンメータによる集中監視システムをおこなっております。今後は全世帯を対象にこのシステムを導入すべく、推進していく予定です。
集中監視システム


トップページニュースオススメ商品安心・安全への取組ガス料金のご案内ご利用ガイド会社概要お問い合せ
All contents Copyright: ツバメガス株式会社 All Rights Reserved.